カラートリートメント

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメント|5つの観点による検証レビュー

2020年11月23日

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメント|5つの観点による検証レビュー

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントってどんな商品なの?『大まかな性能を知って白髪染め選びの参考にしたい、そのためメリットだけでなくデメリットについても教えてください。』

こういった疑問にお答えします。

本記事の著者

5つの観点から徹底検証
10代から白髪染めライフ
玉髪はすでに実検証済み

今回は玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントについてのレビューになります。

養蜂堂(玉髪のメーカー)は健康食品やサプリメントをメインに取り扱っている通販会社で、「頭皮や毛髪にやさしい」ことをモットーにしているようです。

本記事を読むことで、玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの性能をきちんと理解いただけるかと思います。

結論から言うと、総合評価は2.5/5.0点です。ポテンシャルは並くらいのレベルだけど、コストパフォーマンスがあまり良くない印象です。

それでは前置きはこの辺にしてさっそく本題に入っていきましょう!

スポンサーリンク

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの概要

ブランド名 養蜂堂
メーカー名 ベンチャーバンク
原産国 日本製
対象者 男女兼用
コスト 3,364円(筆者調べ)
カラー種類 ダークブラウン
ブラック
内容量 160g
pH 6.5
\ 公式では全額返金保証付き /
補足説明:3つの付属品の紹介
玉髪カラートリートメントの3つの付属品

本品のほかにビニール手袋・コーム・ヘアキャップの3品が付属されます。

手袋は爪まわりが気になる方、コームは生え際に塗る際に使用し、ヘアキャップは放置時間にご活用ください。

それ以外に取扱説明書と効果的に染まる使い方のパンフレットが同封されています。

少し気になったのが使用回数や使用量などの記載が、パンフレットと公式サイトとでは内容がまちまちだった件ですね。

楽天・Amazonのレビュー評価

楽天市場・Amazon、そしてYahooショッピングの通販マーケットでは販売されておらず、公式サイトのみ入手可能です。

そのため、実際に使ってみた感想の声も少なく、評判の良し悪しを示すことはできません。

hair運営者

知る人ぞ知る、知名度の低いブランドです。

玉髪 ヘアカラートリートメントの評価:2.5点

玉髪 ヘアカラートリートメントの評価は2.5点
条件
  • 白髪100%と30%に使用
  • 濡れた状態の髪に使用
  • 市販のシャンプーで統一
  • 放置時間は20分に設定

染まり具合

    染料一覧
  • (加)クチナシ
  • ベニバナ赤
  • アンナット
  • ウコン根
  • HC青2
  • HC黄4
  • HC赤3
  • 塩基性青99
  • 塩基性茶16
サンプル毛束による検証(100%)
白髪100%

白髪100%の状態

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの染まり100%の1回目

白髪100%|1回目

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの染まり100%の3回目

白髪100%|3回目

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの染まり100%の5回目

白髪100%|5回目

結論、一応ダークブラウンに染まります。

ただ一発では染まらず、1回目は「えっ?、全然染まってない!」と思ってしまうほどの出来なので、何回か使わないと白髪は隠せません。

3〜5回目にかけてじわじわとダークブラウンに近づいていくけれど、まだチラホラ明るい毛(ライトブラウン毛くらいの色味)が目立つので、完全なダークブラウンにするにはもう少しの辛抱が必要です。

サンプル毛束による検証(30%)
白髪30%

白髪30%の状態

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの染まり30%の1回目

白髪30%|1回目

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの染まり30%の3回目

白髪30%|3回目

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの染まり30%の5回目

白髪30%|5回目

白髪がチラッと浮き始めた方の場合は、5回目くらいにして黒だった髪もダークブラウンになり、白髪も目立たなくなってきます。

ただし、それでもまだキレイなダークブラウンとはいえず、6〜7回くらいの使用回数が必要になるかと。

ベストな放置時間は何分なの?

公式では5〜15分とかなりアバウトな待ち時間が記載されており、正確にどのくらい待てばいいのかがイマイチわからない状態になっています。

髪質によって時間は異なりますが、さすがに5分は「短すぎる」という印象で、しっかり定着させたいのなら少なくとも15分は待ってほしいところです。

15分が長いと感じる方は暇が潰せるモノで対策をするか、別の白髪染めを試すかです。

ダークブラウンヘアとの比較
玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントとダークブラウンヘアとの比較

1回目の仕上がりとダークブラウンヘアの色味を比較すると、やや薄い印象を受けます。

5〜7回くり返して使えば、キレイに染まるだろうけれど、それにしては使用回数と放置時間が長いですね。

hair運営者

キレイに染まる「けれど」…。

色持ち具合

1週間の色落ちチェック
玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの染まり100%の5回目

仕上がりの状態

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの色持ちの3日目

3日目

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの色持ちの5日目

5日目

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの色持ちの7日目

7日目

色持ちは5日くらいが限界であり、染まり具合と同じくらいのスペックです。

そのため、ダークブラウン状態をキープするには週に2回程度の頻度で使用し続けないといけません。例えば、1週間のうち火曜と土曜とかね(3日おき)。

ちなみに月々にすると、7〜8回くらいの回数になります(※ ダークブラウンに仕上がってからの回数)。

コスパの良さ

費用:約3,364円   内容量:160g


髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 30g 約7,934円
ミディアム 25g 約6.570円
ショート 20g 約5,256円
髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 40g 約10,512円
ミディアム 35g 約9,201円
ショート 30g 約7,934円
※ 上の表は髪全体に塗った際の参考データになります。

コストはちょっと高めなのに対し、内容量は160gと少なめです。そのため、玉髪 ヘアトリ1本だけでは1ヶ月も持たないことになります。

構わず何個か買って白髪対策をしてしまうと、費用が表の通り非常に高額となり、費用がかさみます。

200g:月2,500円 1gあたり12,5円
160g:月9,201円 1gあたり57,5円

※ 月々の平均コストは約2,500円(ミディアム女性の場合)

計算上では、玉髪ヘアトリは平均よりもおよそ4.6倍で、リピーター向きとは言えませんね。

hair運営者

初回限定の割引キャンペーンもなく、コスパは文句なしの星1です!

追記メモ書き

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントはコストパフォーマンス重視というより、頭皮や毛髪にダメージが少ない高品質な配合設計になっているのです。

使い心地

塗りやすさ/匂い
玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントのテクスチャー

粘土性:割と柔らかい

匂いの強さ:031

テクスチャーは程よい柔らかさで伸びが良く、少量で広範囲に塗ることができます。

一方で匂いは無臭に近いので、髪に香りが残ることもなく男女のどちらにも使いやすい出来です。

口コミや公式サイトでは「柑橘系、オレンジの香り」と感じた人もいましたが、鼻を近づけて意識しない限りあまり感じ取ることはできません。

ただまぁ不快になることはなく、使いやすさに関しては良きです。

扱いやすさ/汚れやすさ

容器はチューブ型で紫色のデザインです。

大きさは他のヘアカラートリートメントに比べると、その小ささがわかるかと思います。

まぁ他の商品に比べてちょっと小ちゃい点以外は、特に触れるこもはありません。使い勝手は普通。

万が一額や手に付着したとしても、すぐに落とせばラクに取れて汚れることはありません。

ただ爪まわりに付くとなかなか落ちないため、付属してくる手袋でもいいので、着用することをおすすめします。

手袋がイヤな場合はコームという手もありますが、割と柔らかいテクスチャーなので、初心の方は苦戦するかもです。

頭皮/毛髪のダメージ度

触診チェック 目視チェック
一本つまみ診断 ケアの必要性

ー 毛先をつまんでそのまま根元まで滑らせてキューティクルの有無を確認 ー
キュッキュッと感じたら、キューティクルがある状態で問題なし
スーッと抵抗を感じない場合は、キューティクルが少ない状態でケアの必要あり

まず触った感じにサラサラ要素はなく、どちらかというとハリやコシの実感が増します。

まぁ見た感じにツヤもなかったので、サラサラヘアにしたい方には不向きです。

ただハリとコシ、そしてまとまり感のある仕上がりなので、ダメージを感じることはありません(もちろん、個人差はあります)。

ケア成分(保湿/補修)
玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの成分

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ベヘニルアルコール、セテス-20、ガゴメエキス、ツバキ種子油、アロエベラ葉エキス、ハチミツ、ザクロ果実エキス、センチフォリアバラ花エキス、ユズ果実エキス、温泉水、加水分解コンキオリン、オレンジ油、BG、ポリクオタニウム-7、ベタイン、パルミチン酸イソプロピル、ベヘントリモニウムクロリド、ステアラミドプロピルジメチルアミン、アラビアゴム、ヒドロキシエチルセルロース、セテス-2、AMP、クエン酸、デキストリン、セルロース、加水分解クチナシエキス、ベニバナ赤、アンナット、イソプロパノール、ビスセテアリルアモジメチコン、メチルパラベン、ジメチコン、ウコン根エキス、HC青2、HC黄4、HC赤3、塩基性青99、塩基性茶16

「やさしい」をモットーにしているだけあって、グリセリン、ガゴメエキスをはじめとする頭皮の保湿や水分補給をもたらす成分がふんだんに使われている点は好印象です。

ステアリルアルコール、加水分解コンキオリンなどはツヤをもたらす効果があるけれど、本検証ではあまり感じることはできませんでした。

また刺激成分として「ステアラミドプロピルジメチルアミン」、「ベヘントリモニウムクロリド」などが含まれており、抵抗をもつ方もいるかもしれませんが、髪のキシみ防止やまとまりを良くする性質をもちますね。

hair運営者

ポリマー系の刺激成分が少ない点も◯

敏感肌の方や白髪染めをする時は決まって頭皮がピリピリする方は、あらかじめ「パッチテスト」を!

pH:6.5
玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントのpH

範囲:弱酸性

pH例:雨水レベル

※ 髪の毛にとって4.5〜5.5が最も健康な状態(=髪の帯電体)

pHはヘアカラートリートメントによくありがちな6.0〜7.0内の弱酸性になります。

添加物の付与
ジアミン
×
エタノール
×
タール色素
×
合成香料
×
鉱物油
×
酸化剤
×
防腐剤
シリコン
※ 「旧表示指定成分」以外の添加物も含まれています。

ジアミンや酸化剤のアレルギーリスクの高い成分は含まれていませんが、一部の成分に注意を促す必要があります。

例えば防腐剤で言うと、イソプロパノールやメチルパラベンがそれに該当しますね。

ここ最近のヘアカラートリートメントは低刺激な成分を第一に考えているモノが多い中で、玉髪ヘアトリは悪い意味で気になる成分が複数見られました。

パッチテストをした上で、あまり頭皮に長時間(推奨されている待ち時間より長い時間)つけないように心がけましょう。

hair運営者

毛髪にはやさしいが、頭皮はやや注意!

スポンサーリンク

玉髪 ヘアカラートリートメントのデメリット

玉髪 ヘアカラートリートメントのデメリット
3つの難点/デメリット

説明が不統一で分かりにくい

待ち時間は15分と、やや長い

とにかくコスパが悪い×

その①:説明が不統一で分かりにくい

これはデメリットというか使用に関する内容が大雑把すぎると思ったので、ご紹介をします。

まず同封される本品の他にパンフレットと取扱説明書がありますが、それぞれに記載されている使用時間や使用方法に一貫性はなく、バラバラでした。

バラバラだった内容一覧

使用量

1回あたりピンポン玉3〜5個分
1回あたりピンポン玉1個分

使用方法

濡れた髪に使用・乾いた髪に使用

放置時間

5分・10分・15分

使用回数

毎日
3日間連続使用→1日置き
5日間連続使用→週2日に変更

これでは方法も時間も回数も分からずじまいで困りますよね。

まぁ使い方によって仕上がり方は異なるので、一概に使用方法を断定することは難しいが、せめて普通に染めたらOKと、しっかり染めたいの2パターンに分けて紹介をして欲しかったところです。

とりあえず本検証では濡れた髪に統一しており、色持ちと染まりの良さを考慮して、時間は15分間設け、回数は5日間連続使用+週2日を推奨しております。

その②:待ち時間は15分と、やや長い

理想時間:5分  玉髪:15分【3倍】

玉髪ヘアトリは待ち時間が長めなので、入浴前のご使用を推奨します。

乾いた髪なら身体を洗うなどして時間を潰せますが、濡れた髪だとただ待つだけなるからです。

週2日に15分間待たないといけないので、継続するにはちょっと厳しいかもしれません。

その③:とにかくコスパが悪い×

ヘアカラートリートメントの平均コストと比較すると、数倍に膨れ上がった費用になります。

平均コスト:2,500円  玉髪:9,201円

玉髪の値段は3,364円なので、月単位だと1本では足りず、3本購入しないといけません(ミディアム女性の場合)。

平均コスト:200g 1gあたり12,5円
玉髪:160g 1gあたり57,5円
【およそ4.6倍】

そもそも内容量が少ない割にコストは高く(高品質な成分が多く含まれているから)、計算すると1gあたりのコストはなんと4.6倍という低コスパになります。

玉髪 ヘアカラートリートメントのメリット

玉髪 ヘアカラートリートメントのメリット
2つの魅力/メリット

髪のハリとコシは向上する

香りは微かな柑橘系のテイスト

その①:髪のハリとコシは向上する

サラサラヘア < ふんわりヘア

玉髪はツヤ髪でサラサラな手触りというより、髪の強度が上がりふんわりとした出来です。

玉髪のメーカーは中高年向けの商品をメインに取り扱っているだけあって、老化で髪が細くなりペタっとした髪質のために、ハリとコシを向上させるケアになっています。

その②:香りは微かな柑橘系のテイスト

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの香り

匂いは弱く、わずかなオレンジの香りがする程度のため、男女のどちらとも使いやすいテイストになっています。

しかし、コスパが悪すぎるあまりデメリットを上回るメリットはなく、誰かにおすすめしたいとは思えない白髪染めですね。

スポンサーリンク

玉髪 ヘアカラートリートメントのまとめ

玉髪 ヘアカラートリートメント

おさらい:総合評価 2.5/5.0点

染まり具合
5日くらいで仕上がっていく、色味は自然なダークブラウン
色持ち具合
色味が定着してから5日かけてじわじわ落ちる。(週2の頻度を推奨)
コスパの良さ
一番の問題点はココ!継続して使うとなると、コストがかさむ。
使い心地
匂いは無臭に近く、鼻を近づけるとわずかな柑橘系の香りがする。
低刺激
毛髪に対しては問題ないけれど、敏感肌の方アレルギーのリスクあり。(長時間の待ち時間は非推奨)
おすすめ度
コスパが悪い上に、非常に優れた性能もないため、誰かにおすすめしたい商品ではない。

まとめ

今回は玉髪 白髪用ヘアカラートリートメントの検証レビューを行いました。

初回の方に限り、「全額返金保証付き」で万が一に不満だったとしても問題はありません。

ただ商品が到着してから30日以内に金額返金の希望手続きをしないと無効になるため、ご注意を。

\ 玉髪ヘアトリの詳細ページへ /
\ この記事をシェアする /

-カラートリートメント 

Copyright© 白髪染めreview , 2021 All Rights Reserved.