白髪染めシャンプー

カラーシャンプー染洗い【カラードボーテ】を丁寧に検証レビュー

2020年7月12日

カラーシャンプー染洗い【カラードボーテ】を丁寧に検証レビュー

カラーシャンプー染洗いの性能についてより詳しく知りたい方へ『天然白髪に使ったらどのくらい染まるのか、メリットやデメリットについても教えてくださいな。』

こういった疑問にお答えします。

本記事の信頼性

5つの観点から徹底検証
10代から白髪染めライフ
染洗いはすでに検証済み

今回は、カラーシャンプー染洗いのレビューを試みました。

レビューや口コミの書き込みが少ないため、どのくらい染まるのかが、イマイチわからないですよね。

しかし、本記事を読むことで、白髪視点での本商品について知ることができると思います。

本記事の内容

前半

カラーシャンプー染洗いの概要

後半

5つの観点による検証

商品の利点と欠点

結論から言うと、「総合評価は2.3/5.0点」です。使い続ければ少しずつ白髪のトーンを落とせるくらいで、染まった実感はかなり薄いですね。

それでは、前置きはこの辺にして本題にいきましょう!

スポンサーリンク

カラーシャンプー染洗いの概要

カラーシャンプー染洗い

プロフィール

ブランド名 カラー・ド・ボーテ
メーカー名 ナチュラルガーデン
原産国 日本製
カラー種類 ダークブラウン・ブラック
内容量 200mL
シリコン有無 ノンシリコン
pH 5.4
カラーシャンプー染洗いの特徴
  • 低分子染料とイオンカラー
  • 32種類もの天然美容成分を配合

分子量が小さい染料と、表面上だけに染色する2パターンの組み合わせで白髪を染める仕組み。

天然の植物から抽出されたエキスが配合しており、比較的に頭髪へのダメージが少ない。さらに、全成分のうちの半分が天然由来の成分を占めている。

マーケット別の価格を紹介

マーケット 値段【税込】 送料
Amazon
楽天市場 3,828円 +送料550円
Yahooショッピング 3,828円 +送料550円

これらのマーケットは、価格変動が激しいため、あくまで目安として捉えてください(2020.08.30←現時点)

カラーシャンプー染洗いの評価:2.3点

カラーシャンプー染洗いの評価は2.3点

染毛効果

今回は、白髪100%と白髪が入り混じった黒髪(白髪30%)の状態の2種類をもってサンプル検証をしました。

カラーはブラックを使用です。そして、5分間の放置時間を置きました。

白髪100%の染まり
白髪100%

白髪100%の状態

カラーシャンプー染洗いの染まり100%の5回目

白髪100%|5回目

カラーシャンプー染洗いの染まり100%の10回目

白髪100%|10回目

カラーシャンプー染洗いの染まり100%の15回目

白髪100%|15回目

白髪30%の染まり
白髪30%

白髪30%の状態

カラーシャンプー染洗いの染まり30%の5回目

白髪30%|5回目

カラーシャンプー染洗いの染まり30%の10回目

白髪30%|10回目

カラーシャンプー染洗いの染まり30%の15回目

白髪30%|15回目

念のためにもう一度いうと、カラーはブラック仕様です。

それでもブラックにならないどころか、せいぜい白髪のトーンをほんのりと落とせる程度なので、残念ながら白髪染めとしては期待ができません。

あと公式では、2度洗いを推奨しているけど、2・3度洗いしてもあまり変化は感じないと思います。

シャンプーの効果

界面活性剤 コカミドプロピルベタイン
安全度★★★★☆
洗浄力
シャンプー並に良い
泡立ち
シャンプーに負けないくらい良い
代表的な洗浄成分を分析

界面活性剤とは頭皮の汚れを落とすのに重要な成分をいいます。

カラーシャンプー染洗いでは『コカミドプロピルベタイン』がそれに当たり、泡立ちと洗浄力は弱く、低刺激な成分として知られていますが…。

実際のポテンシャル

実際に使ってみると、泡立ちは普通に良いし、シャンプーに劣らないくらいの洗浄力を持ち合わせています。

hair運営者

風呂上がりはサッパリとした洗い心地で、ノーマルシャンプーと大して変わりません。

手軽さ具合

費用/内容量

費用は3,828円、内容量は200mLになります。他の白髪染めシャンプーに比べても、4,000円くらいのコストに対して、200mLは少し高い印象がしますね。

その分泡立ちはかなり有能なので、1回あたりの使用量をそれなりに抑えることができます。

髪の長さ 1回あたりの使用量 回数
ロングヘア 9mL 約22回分
セミロング 6mL 約33回分
ショートヘア 3mL 約67回分
※ 使用量と回数はあくまで目安です。

泡立ちは普通に良いので、ロングは9mL/ショートは3mLくらいでも十分足りると思います。

それをもとに費用を割り当てると、ロングの1回あたりにかかるコストは約174円ショートは約57円になります。

泡立ちの良さにより、だいぶ1回にかかるコストを抑えられるけど、肝心な白髪染めの機能がイマイチなため、あまり喜ばしくないですね。

浴室/肌の汚れ

基本的に汚れの心配はご無用です。

泡状になっていればシミにならないし、爪の間も変色することはありません。

使い心地

テクスチャー
カラーシャンプー染洗いのテクスチャー

少しとろみのある黒いテクスチャー。

見た目は黒いけれど、泡立つとだんだん白い泡へと近づいていき、ノーマルシャンプーとあまり変わらない見た目になります。

ニオイの良し悪し:021
カラーシャンプー染洗いの匂い
1〜100 無臭に近い
101〜200 少し匂うが気にならない
151〜200 匂う
201〜300 かなり匂う
301〜400 刺激臭
401〜500 不快レベル

※ ニオイ測定器とはいえ、香りの良し悪しを判別することはできない。

ニオイの数値は021で、無臭の範囲になります。

実際に嗅いでみると、確かに匂いはほとんどなく、香りというものを感じられませんでした。

まぁ無臭なので、不快と感じる人は少ないと思います。

ダメージ具合

3つのダメージ視点
指通り具合【触】
目立つようなダメージはない
パサつき【視】
使用前とほとんど変わらない
ケアの必要性
基本的にトリートメントはいらない

触り心地は使用前と大して変化はなく、ふつうにクシが通せるレベルです。

見た感じにも、パサつき感もなく、トリートメントの必要性が低めかと。

アロエエキスやローズマリー油などで保湿効果がある書き込みもありましたが、とくにツヤ髪になるわけではないです。だけど、ダメージは低めになっています。

頭皮への刺激レベル
カラーシャンプー染洗いのpH
pH 5.4

pH 髪への影響度
3〜6
弱酸性
髪の等電点|シャンプー
7
中性
柔らかくなる|純水
8〜11
弱アルカリ性
膨潤|ヘアカラー

※ pHの参考ダメージ表

pH値は5.4と、弱酸性の範囲になります。

弱酸性というだけあって、頭皮にピリピリや痒みといった症状はなく、ふつうのシャンプーと変わらない低刺激な度合いです。

パサつきやギシギシ感はとくに見られなかったですし、ダメージ面においては安全性が高いといえるでしょう。

スポンサーリンク

カラーシャンプー染洗いのデメリット

カラーシャンプー染洗いのデメリット

まずはカラーシャンプー染洗いの2つのデメリットについて紹介していきます。

2つの難点/デメリット

染毛力が弱い

性能に合わない高コスト

その①:染毛力が弱い

髪のトーンが少し落ちた程度で色味に変わった様子はないです。

15回もの回数をくり返した結果、髪色のトーンだけが少し落ちたくらいで色味は変わりません。

白髪染めシャンプーを使って、とにかく『濃く』仕上げたければ、ワンクロスをおすすめします。

その②:性能に合わない高コスト

多くの白髪染めシャンプーは大体2,000〜3,000円くらいしますが、カラーシャンプー染洗いはさらに+1,000円かかります。

4,000円台のコストにしては圧倒的にパフォーマンスが不足していますね。

カラーシャンプー染洗いのメリット

カラーシャンプー染洗いのメリット

次に2つのメリット/魅力についてお伝えします。

2つの魅力/メリット

洗浄力と泡立ちが良い

ダメージレスで頭髪にやさしい

その①:洗浄力と泡立ちが良い

洗浄力はサッパリとした洗い心地ですし、泡立ちもシャンプーと同じくらいボリューミーになります。

普通のシャンプーと変わらない品質で、汚れを落とす目的に使えちゃうレベルですね。

その②:ダメージレスで頭髪にやさしい

15回くり返して使っても、髪に目立ったダメージは見られなかったです。

ツヤが出るくらいの保湿力はないけれど、トリートメントを使わずとも、単体でも全然イケちゃう白髪染めシャンプーになっています。

また5分間、髪に放置してもヒリヒリや痒みはなく、白髪染めとは思えない低刺激で、安全性は高いです。

スポンサーリンク

カラーシャンプー染洗いのまとめ

カラーシャンプー染洗いのまとめ

おさらい:総合評価2.3/5.0点

染毛効果
色のトーンが少し落ちる程度
洗浄効果
泡立ちも洗浄力もシャンプー並に良い
手軽さ
4,000円近い額にしては物足りないスペック
使い心地
少しだけとろみがあって、無臭なテクスチャー
低刺激
目立つようなダメージは見られない
おすすめレベル
シャンプーとしてなら使えるけど、白髪染めには向いていない

まとめ

今回は、カラーシャンプー染洗いのレビューをしました。結果はまとめた通り、イマイチな白髪染めシャンプーでした。

白髪染めシャンプーはヘアカラーと違って、実際に使ってみないと、染まるのか/染まらないのかが、わかりにくいケースが多いんですよね。改めて身にしみました。

白髪染めシャンプーを検討している方の参考になりましたら幸いです。

\ この記事をシェアする /

-白髪染めシャンプー 

Copyright© 白髪染めreview , 2021 All Rights Reserved.