白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーが染まらない件について徹底解説【3つの原因】

白髪染めシャンプーが染まらない件について徹底解説【3つの原因】

白髪染めシャンプーって染まらないの?
クチコミを見ると、『染まらない』意見があるけど実際はどうなの?、染まるか/染まらないかをはっきり知りたい!

本記事では、白髪染めシャンプーが『染まらない』と言われる原因について解説をしています。

とある大手マーケットにて、以下のような口コミを発見しました。

染まるのは、手と風呂場のタイルだけで肝心な白髪は期待外れのぼやけた状態。5回使用したが満足な染まりになりません。

このような意見が数件見かけましたが…。

結論から言うと、ちゃんと染まります。ではなぜ上記のような染まらない意見が見られるのか、その原因として3つあげられます。

本記事の内容

前半

白髪染めシャンプーが染まらない3つの原因

後半

白髪染めシャンプーの向きと不向き

不満を抱かないためにも、染まらないと言われる原因を理解したうえで、白髪染めシャンプーの検討をしましょうね。

それでは、前置きはこの辺にしてさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

白髪染めシャンプーが染まらない3つの原因

白髪染めシャンプーが染まらない3つの原因

原因①:白髪染めシャンプーの性能への理解不足

白髪染めシャンプーの性能への理解不足が、染まらないと言われる一番の原因です。

白髪染めシャンプーは一般的な白髪染めやヘアカラーのような即効性はなく、使い続けないとなかなか目に見える実感はできません。

それぞれの特長を比較すると…。
白髪染めシャンプー ヘアカラー
髪の表面上に吸着する 薬剤で内部まで色が入る
継続が必要 即効性がある
ダメージ小 ダメージ大
弱酸性 弱アルカリ性
hair運営者

ダメージが少ない分、継続する必要ありです。

それでは、白髪染めシャンプーの中でも濃く染まる「グローリンワンクロス」「利尻カラーシャンプー」を使って1回目の仕上がりを見ていきましょう。

グローリンワンクロスの場合
グローリンワンクロス の染まり1回目

1回目

グローリンワンクロスの染まり15回目

15回目

ワンクロスは白髪染めシャンプーの中でイチバン濃く仕上がるが、1回使ったくらいではナチュラルブラウンになる程度です。

10〜15回くり返すことで、濃いダークブラウンになって白髪を完全に隠すことができます。

利尻カラーシャンプーの場合
利尻カラーシャンプーの染まり1回目

1回目

利尻カラーシャンプーの染まり15回目

15回目

利尻の1回目はグレー色素がほんのりと入ったくらいで、まだ周囲から白髪だと認識できますね。くり返すこと15回にしてようやく濃いグリーンアッシュになります。

商品によって、キレイに仕上がるまでの期間は異なりますが、目安として10〜15回(約2週間)ほどかかるモノが多いです。

原因②:ランキング記事と公式サイトの画像

次に多いと思われる原因はネットに出回っている画像です。

公式の画像

上記の画像は、公式サイトに掲載されている白髪染めシャンプーした後の検証結果です。まるでヘアカラーしたみたいな仕上がり方で、期待感が膨らみますよね。

しかし、このカラクリを知っていないと平気で裏切られますよ。

ではなぜここまでガッツリ染まるのかというと、白髪ではなくブリーチを使って色を抜いたニセ白髪を使っているからです。

では天然の白髪とブリーチをして色を抜いたニセ白髪の仕上がりを比較していきましょう。

ニセ白髪とホンモノ白髪の仕上がりを比較

はい、この通りブリーチ毛と白髪ではここまで差が出ます。

仕組みはちょっと専門的だけど、白髪染めシャンプーの染毛方法は塩基性染料という半永久染毛料のため、ブリーチした傷んだ髪に非常に吸着しやすく、色がガッツリ入るというわけです。

追記メモ書き

このガッツリ入ったニセ白髪は、ヘアカラートリートメントの画像にもよく使われているので、ご注意を。

ニセ白髪とホンモノ白髪の見分け方
白髪とブリーチの見分け方

毛束部分を見てもどっちなのかがわかりにくいけど、針金の留め方を見れば一目瞭然です。

左と真ん中がニセモノで、右がホンモノになります。シンプルにグルグル巻きにしている毛束は一度ホンモノかどうかを疑った方が賢明だと思います。

原因③:濡れた状態は色落ちしやすい

使用した直後の濡れた髪は色落ちしやすい状態になっています。

白髪染めシャンプーとヘアカラーの仕組みの違い

まぁヘアカラーみたいに髪の内部にまで浸透せず、髪の表面に吸着しているだけだから、色落ちしやすくなっているのもなんとかなくわかるかと思います。

色落ちを防ぐための3つの対策

すすいだら、すぐさま乾かす

洗い流さないトリートメントを使う

ドライヤーの使い方に注意する

白髪染めシャンプーを使った直後の髪は、付着した染料がダダ漏れになっていると言ってもいいくらいなので、すぐに乾かすように心がけましょう。

色持ちを良くするために『洗い流さないトリートメント』を使うのも手です。

またドライヤーを誤った使い方をしてしまうと、熱によって髪を傷つけて結果的に色落ちの原因になりかねないので、ある程度の距離を保って使うようにしましょう。

すこし使い方に自信がない方や全く効果がなかった方は、もしかすると使い方を改めてる必要があるのかもしれません。

白髪染めシャンプーの向きと不向き

白髪染めシャンプーの向きと不向き

ニセ白髪の画像はさておき、白髪染めシャンプーの性能を理解したところで、向いている人向いていない人についてご紹介していきます。

こんな人に向いていない

くり返して使いたくない

乾かすのは面倒/普段ドライヤーを使わない

ガッツリ真っ黒にしたい

白髪染めシャンプーは10〜15回くらい使い続けないと意味がありません。ガッツリ真っ黒でもいいから白髪をどうにかしたい人には向いていません。

また普段はタオルドライだけで、ドライヤーを使う習慣がない人には、白髪染めシャンプーの効果が活きてこないのでおすすめしません。

多少のダメージは伴いますが、それでもガッツリ染めたいのなら、ヘアカラーなどを選択しましょう。

こんな人に向いている

自然に白髪を染めたい

髪へのダメージを避けたい

手間をかけずに白髪ケアがしたい

ヘアカラー後の色味を長くキープしたい

周囲の人から染めたことを悟られたくない人は、白髪染めシャンプーの自然な染毛力が活きてくるのでおすすめです。

また一般的な白髪染めを使うと、痒みやかぶれといった症状が起きる敏感肌の人にも、白髪染めシャンプーは向いています。

シャンプーをするだけなので、生活の一環として手軽に使うことができて、長くてしょうがない放置時間が嫌な人にも推奨します。

それ以外に、色持ちを良くする使い方もできるので、ヘアカラーなどの色落ちを抑えたい人にもいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

白髪染めシャンプーの染まらない件(まとめ)

今回は白髪染めシャンプーの染まらないと言われる原因3つについて解説をしました。

3つの原因

白髪染めシャンプーを理解していない
白髪染めシャンプーは継続が大事!

ネット画像やランキング記事の画像
ブリーチ毛を使ったニセ白髪です!

濡れた状態は色落ちしやすい
すぐに乾かすようにしましょう!

白髪染めシャンプーの性能を理解したうえで、少しでも興味がおありなら、白髪染めシャンプーのおすすめ商品をチェックしてみてね。

\ この記事をシェアする /

-白髪染めシャンプー 

Copyright© 白髪染めreview , 2021 All Rights Reserved.