カラートリートメント

ドクターシーラボ カラートリートメントの性能・口コミを徹底解説

2021年2月13日

ドクターシーラボ カラートリートメントの性能・口コミを徹底解説

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント スピード3ってどんな白髪染めなの?

こういった疑問にお答えします。

本記事の著者

5つの観点から徹底検証
10代から白髪染めライフ
Dr. Ci-Laboは検証済み

結論から言えば、ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の総合評価は3.3/5.0点です。白髪染めの中では、無臭な割には良く染まるタイプではないのでしょうか。

スピード3はこんな白髪染め!
  • 匂わない【無臭】
  • 3〜4回で白髪は染まる
  • 色持ちは中の下⤵︎
  • しっとり系な仕上がり

数回の使用だけでなかなかの仕上がりになります。その上、全く匂わない魅力付きです。

ただ色持ちはやや悪い点と、放置時間を長めに取らないとあまり定着しない点が妥協できる範囲なのかどうかになりますね。

香りがする白髪染めを好まない方におすすめな商品になるかと思います。

本記事ではドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)を検証した結果、メリットとデメリットを解説し、ご自分に合う白髪染めを探している方のご参考になれることでしょう。

それでは、さっそく本題に入っていきます!

スポンサーリンク

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)プロフィール/口コミ・評判

ブランド名 ドクターシーラボ
原産国 日本製
対象者 男女兼用
コスト 3,520円(筆者調べ)
発売日 2015/4/20
カラー種類 ライトブラウン
ダークブラウン
ソフトブラック
内容量 235g
pH 7.0
Amazonのレビュー評価【2021.01時点】

実際に掲載されていたドクターシーラボ ヘアカラートリートメント スピード3の口コミによるレビュー評価を見ていきましょう。

星5
143件
星4
282件
星3
83件
星2
23件
星1
18件

カスタマーレビュー:549件
100人に91人が肯定、9人が否定
星5つ中3.9の評価です。

レビュー評価は549件以上あるにもかかわらず、3.9/5.0点とそこそこ好評なレビューになっています。計算したところ、およそ9割近くは満足の烙印を押していますね。

ただ上記のレビューは公式サイト内の評価なので、あくまで一参考として捉えましょう。

ちなみにAmazonでは5件で2.8/5.0点、楽天市場では8件で3.9/5.0点でした。大手通販サイトでは口コミ数が少なかったため、あまり参考になるデータとはいえないですね。

hair運営者

ニッチな白髪染めトリートメントということでしょうね。

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)総合評価:3.3/5.0点

ドクターシーラボ カラートリートメントの評価は3.3点
条件
  • 白髪100%と30%に使用
  • 濡れた状態の髪に使用
  • 市販のシャンプーで統一
  • 放置時間は20分に設定

染まり具合

    染料一覧
  • ウコン
  • ベニバナ赤
  • (+/-)HC青2
  • HC黄4
  • HC黄2
  • 塩基性茶16
  • 塩基性青99
  • 塩基性赤76
  • 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
サンプル毛束による検証(100%)
白髪100%

白髪100%の状態

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の染まり100%の1回目

白髪100%|1回目

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の染まり100%の3回目

白髪100%|3回目

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の染まり100%の5回目

白髪100%|5回目

白髪率の高い人だと、3回目にしてある程度は染まります。たとえ髪質が太くても4回くらいで染まる、そんな染毛力です。

色味はダークブラウンらしい系統で赤みの少ない印象。他のヘアカラートリートメントに比較しても、まずまずな染まり具合かと思います。

hair運営者

薄くもなく濃くもない、ほどよい濃い目な茶色。

サンプル毛束による検証(30%)
白髪30%

白髪30%の状態

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の染まり30%の1回目

白髪30%|1回目

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の染まり30%の3回目

白髪30%|3回目

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の染まり30%の5回目

白髪30%|5回目

一方で白髪率が低いと、数回(2〜3回)の使用である程度しっかりとカバーが可能です。

ただ白髪を目立たなくしたいのならまだ容易ですが、白髪を完全に消したい場合はそれなりの回数が必要となり、コストがかさむ恐れがあります。

まぁまとめると、白髪率が高い人と低い人ならば、高い人のほうが早く染まった実感ができるかと思います。

低い人は地毛の濃さにもよりますが、回数がかかってしまうため、白髪を目立たなくできればOKという方に限定されます。

ベストな放置時間は何分なの?

3分  最低でも5分、最高で10分

公式では、3分の放置時間を設けることを推奨されています。

しかし、3分はあくまで最低限のお話なので、1回に付きしっかり染めたいのなら5分もしくは倍の10分の時間を設けましょう。

とはいえ時間を置き過ぎてしまうのも逆効果なため、長くても10分までを目安にすることをおすすめします。

追記メモ書き

5〜10分は長く感じるかもですが、身体を洗ったりしているうちに経過するので、面倒と感じるのは最初だけです。

他のヘアカラートリートメントとの比較
ドクターシーラボ カラートリートメントの染まり比較

こうして他のヘアカラートリートメントに比べて、そこまでの差はなく、ごく普通のダークブラウンな仕上がりです。

今のところ1番ダークブラウンらしい仕上がりになる「マイナチュレ」に比較しても負けず劣らずな出来ではないのでしょうか。

まぁ即効性に関してはやや劣りますが、色味と濃さはダークブラウンそのものです。

色持ち具合

1週間の色落ちチェック
ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の色持ちの0日目

仕上がりの状態

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の色持ちの3日目

3日目

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の色持ちの5日目

5日目

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の色持ちの7日目

7日目

染まりは問題なし。しかし、色持ちはマイナス評価に傾きます。

まぁ髪質にもよりますが、せいぜい3〜4日が限界です。それ以上は色の付いた泡が出始めて、だんだんと髪色が薄くなっていきます。

そのため、連続で使うというよりもヘアカラーなどと組み合わせて使うのが無難かと思います。

みんなの口コミ
・すすぎの際は色水が出て、色持ちの悪さが目立ちます。
・シャンプーしたときの泡色が真っ黒ですごい。

引用:公式レビュー

上記は大手サイトからの口コミですが、色持ちが良いという意見は一つもありませんでした。

コスパの良さ

コスト:3,520円   内容量:235g


髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 40g 約4,332円
ミディアム 35g 約4,069円
ショート 30g 約3,488円
髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 50g 約5,805円
ミディアム 40g 約4,332円
ショート 35g 約4,069円
※ 上の表は髪全体に塗った際の参考データになります。

コストは他のヘアカラートリートメントと比較して、やや高めな価格帯になっています。

200g:月2,500円 1gあたり12.5円
235g:月4,332円 1gあたり18.4円

※ 月々の平均コストは約2,500円(ミディアム女性の場合)

内容量は235gと、普通よりもややボリューミーですが、それでも平均よりも47%割高です。

とてもじゃないですが、スピード3単体での使用はコストが嵩む以上、おすすめはしません。

まぁ染まりの性能は充実しているので、及第点といったところでしょうか。

みんなの口コミ
・洗うたびに色落ちするので、毎日使うことを考えるとコスパ的にあまり良くないです。
・色が抜けやすい!、コスパが良いのか、悪いのかが悩みどころ。

引用:公式レビュー

上記のようにコスパ最高!という意見は残念ながら、一つも見当ることはできませんでした。

使い心地

塗りやすさ/匂い
ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)のテクスチャ

粘土性:やや固め

匂いの強さ:040

テクスチャはやや固めで垂れる心配はありません。固いといっても髪に塗りにくいようなことはなく、ちょうど扱いやすい粘土性になっています。

hair運営者

ちなみに素手よりもコームのほうが塗りやすい印象をもちました。

一方で匂いの強さは2桁と、ほとんど臭わないレベルになります。つまり、無臭ということですね。

密閉した室内でも問題なく使用ができるので、白髪染め特有のツンっとくる匂いが苦手な方におすすめです。

扱いやすさ/汚れやすさ

内容量かわ235gもあるため、フォルムは大きめです。またパッケージはかなり派手でキラキラとした印象をもちます。

さらに材質は一見して手から滑りやすそうに見えますが、割と手に引っかかる材質でした。

一方で汚れに関しては、皮膚に色がついてしまうタイプなので、要注意。まぁ他のヘアカラートリートメントにも通じることですが、乾いた手で使用するのはNGですね。

とりあえずコームか手袋をして使用するのが、皮膚を汚さない確実な方法でしょう。

また浴室にテクスチャが付いてしまう可能性も否めないので、万が一に付着した場合に備えて漂白剤などを準備しましょう。

頭皮/毛髪のダメージ度

触診チェック

サラサラ

指通り

うるおい

ハリ/コシ
目視チェック

まとまり感
×
ふんわり感

ツヤ感

うねり感

仕上がりはふわっと感は抑えめで、指通りとサラサラ感が良い印象です。

また見た感じとしては、まとまり感があったもののふんわり感は控えめという結果でした。ただボリュームダウンといってもペタンコになるほどではありません。

さらにツヤ感はあまり感じられず、どちらかというとしっとりとした効果に長けています。

成分チェック(保湿/補修)

グローリンワンクロスのトリートメント成分


水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、パルミチン酸エチルヘキシル、尿素、ステアルトリモニウムブロミド、ツバキ種子油、オリーブ果実油、アボカド油、アルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、パンテノール、アシタバ葉/茎エキス、加水分解コンキオリン、加水分解シルク、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、セラミド2、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、フユボダイジュ花エキス、加水分解クチナシエキス、ウコン根エキス、ベニバナ赤、グリチルリチン酸2K、アセチルヘキサペプチド-1、オリゴペプチド-41、オリゴペプチド-74、加水分解ケラチン、ローヤルゼリーエキス、ダイズ種子エキス、ユーカリ葉エキス、グリシン、水添コメヌカ油、乳酸、結晶セルロース、エチルヘキシルグリセリン、デキストラン、オレイン酸フィトステリル、ステアリン酸グリセリル、ステアラミドプロピルジメチルアミン、炭酸水素アンモニウム、イソプロパノール、エタノール、(+/-)、HC青2、HC黄4、HC黄2、塩基性茶16、塩基性青99、塩基性赤76、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

スピード3は保湿剤が豊富に配合されており、しっとりとした潤いを大いにもたらせています。

特にBG、グリセリンは配合率が高いことから存分に発揮していることが見受けられますね。

メインとなっている成分は水添ナタネ油アルコール・ミリスチルアルコールなどの乳化安定剤で、これらはヘアカラートリートメントによく用いられる成分として知られており、テクスチャの感触に関わる成分です。

植物エキスとオイルに関しては、ツバキ種子油、オリーブ果実油、アボカド油などによる、毛髪表面の油分補給の効果が発揮されており、サラサラの要素に影響しているのでしょう。

また染料の中に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールが含まれています。
頭皮に悪影響を及ぼす注意すべき成分ですが、配合率は微量なため、そこまで問題にすべき成分ではないかと思います。

pH:7.0
ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)のpH

範囲:中性

pH例:純水レベル

※ 髪の毛にとって4.5〜5.5が最も健康な状態(=髪の帯電体)

pHは7.0と、中性の範囲になります。頭皮や毛髪に対して、純水と同じレベルの影響しかないため、やさしい数値ですね。

添加物の付与
ジアミン
×
タール色素
×
紫外線吸収剤
×
鉱物油
×
酸化剤
×
防腐剤
シリコン
エタノール
※ 「旧表示指定成分」以外の添加物も含まれています。

頭皮や毛髪にとって危険なジアミンなどの成分は含まれていません。

まぁスピード3の成分には、特に目立つような危険性の高い成分は見当たりません。

強いて言うなら、帯電を防止するステアルトリモニウムブロミドやステアラミドプロピルジメチルアミンなどが候補に上がるものの、敏感肌の方だけ念のためにパッチテストをしておくのがいいかと思います。

スポンサーリンク

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)厳選したデメリット

ドクターシーラボ カラートリートメントのデメリット

まずはドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)のデメリットから確認していきましょう。

2つの難点/デメリット

色持ちはあまり良くない

コストおよびコスパが悪い

その①:色持ちはあまり良くない

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の色持ち比較

残念ながら、色持ちは3〜4日程度しか持たせることができません。

ヘアカラートリートメントの中で1週間以上もキープできるものもいるので、少し物足りなさを感じざるを得ないですね。

ただ染まりは良いので、ヘアカラー後の退色抑制に使うなどの工夫をする必要があります。

その②:コストおよびコスパが悪い

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)のコストおよびコスパは悪い

スピード3単体での使用だとかなりコストが嵩むため、おすすめはしません。(まぁそもそも3,500円近くかかる高コストな白髪染めですしね。)

確かに染まりは良いが、それ以外に問題アリなので、頻繁に使う場合はコスパがかなり悪くなってしまうことは覚悟しましょう。

特に白髪率が高い方はコスパが悪い傾向にあります。
白髪率が低ければ、目立たなくする程度なら1回だけでもだいぶ効果が発揮されるので、白髪率が低いほうがコスパは少しマシです。

初回の限定特典|1,000円割引でかなり良的なコスパ

利尻ヘアカラートリートメント

関連記事

【初回特典】利尻 ヘアカラートリートメントの口コミ・評判を徹底解説

利尻ヘアカラートリートメントは通常価格3,200円ですが、初回の方に限り1,000円割引という特典が付いてきます。また低価格だけでなく、性能自体の品質も高いため、かなりコスパは良好的です。

チェックする

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)厳選したメリット

ドクターシーラボ カラートリートメントのメリット

次にドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)のメリットについて解説をします。

3つの魅力/メリット

無臭タイプ

染まりはまずまずなレベル

まとまり感のあるサラサラヘア

その①:無臭タイプ

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)は無臭タイプ

無臭自体は決して珍しいわけではないのですが、匂わない上に良く染まるタイプは珍しい部類です。

白髪染め特有な鼻にツンっとくるパンチある匂いが苦手な方、人工的な香りを好まない方におすすめします。

その②:染まりはまずまずなレベル

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)の染まり比較

上記のデメリット枠でも説明をしましたが、スピード3の染まりはなかなか良きです。

仕上がる色味もダークブラウンに近しい出来ですし、文句の付け所はありません。ただ色持ちやコストはやや劣るほうに傾くため、ヘアカラーと組み合わせて使用をしましょう。

ヘアカラーによってダメージが蓄積された髪と、ヘアカラートリートメントとの組み合わせはバツグンに色が入るんですよね。

その③:まとまり感のあるサラサラヘア

スピード3の使用後はふわっと感は少ないものの、全体的にまとまりがあってしっとり感のある印象です。

目立つようなパサつきや軋み感はなく、低リスクの使用が期待できます。

ただほんの一部の成分に痒みといった反応が生じる可能性はあるため、敏感肌/乾燥肌の方はあらかじめパッチテストを推奨します。

スポンサーリンク

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント(スピード3)まとめ

ドクターシーラボ カラートリートメントのメリット

おさらい:総合評価 3.3/5.0点

染まり具合
ダークブラウンらしい色味になる(およそ3回で仕上がる)
色持ち具合
あまり良くない←せいぜい3〜4日が限界
コスパの良さ
コストは3,500円台とやや高い【つまりコスパは悪いほうに傾く】
使い心地
無臭タイプ|使い心地は文句なし
低刺激
まとまり◯/サラサラ◯/しっとり◯
おすすめ度
ヘアカラーとの組み合わせならギリギリありな感じ(染まりは良いので…)

まとめ:染まり自体は良いが…色持ちに問題アリ

以上、ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント スピード3の検証レビューでした。

ざっくりスピード3の特性をまとめると以下のようになります。

スピード3はこんな白髪染め!
  • 匂わない【無臭】
  • 3〜4回で白髪は染まる
  • 色持ちは中の下⤵︎
  • しっとり系な仕上がり

洗い流した後の仕上がりは良かったものの、数回使っていくうちに色持ちの悪さが目立ってくるのが痛いところです。

まさに「染まりは良いが…」って感じで、染毛力はヘアカラートリートメントの中でもかなり優秀なほうなんですけどね。(ちょっと惜しいなぁ、と感じた白髪染めでした。)

\ この記事をシェアする /

-カラートリートメント 

Copyright© 白髪染めreview , 2021 All Rights Reserved.