カラートリートメント

ボタニカラートリートメントの口コミ・評判を徹底解説【使い心地は良い】

2021年2月14日

ボタニカラートリートメントの口コミ・評判を徹底解説【使い心地は良い】

ボタニカラートリートメントってどんな白髪染めなの?、購入者の口コミや評判は好評?それとも不評?

こういった疑問にお答えします。

本記事の著者

5つの観点から徹底検証
10代から白髪染めライフ
ボタニカラーは検証済み

結論から言えば、ボタニカラートリートメントの総合評価は2.0/5.0点になります。全体的に見ると、評価は非常に低く、白髪染めとして最も重要な機能である"染毛力"がとにかく低レベルです。

正直、誰かにおすすめしたいと思うような白髪染めではありません。

ボタニカラーはこんな白髪染め!
  • 白髪を軽くぼかせる程度
  • 白髪率が低い方にはNG
  • パサつきアリ/まとまりナシ
  • 使い心地は申し分ない

ボタニカラーといえば、トリートメントの他にシャンプーシリーズもリリースしており、性能としてはそこまで悪くはありませんでした。

しかし、ヘアカラートリートメントの方というと、少し物足りなさを感じますね。

本記事では、ボタニカラートリートメントについてまとめており、他のヘアカラートリートメントと比較をしながら、わかりやすさ重視で解説をしております。

あなたの白髪染めトリートメント選びのご参考になるかと思います。

それでは、早速本題に入っていきましょう!

スポンサーリンク

ボタニカラートリートメントプロフィール/口コミ・評判

メーカー名 コジット
原産国 日本製
対象者 男女兼用
コスト 2,200円(筆者調べ)
カラー種類 ダークブラウン
ブラック
内容量 300g
pH 4.5
Amazonのレビュー評価【2021.02時点】
星5
21%
星4
28%
星3
20%
星2
13%
星1
19%

カスタマーレビュー:39件
100人に61人が肯定、39人が否定
星5つ中3.2の評価です。

Amazonでの口コミ件数は、39件と少なめでした。まぁそれだけニッチな白髪染めということでしょうね。

評価自体は良い方に傾いているものの、星1が19%の割合を占めている点が、少し気になるところです。

ちなみに楽天市場では42件で4.1/5.0点と、かなり好評なレビューになっていました。

ボタニカラートリートメント総合評価:2.0/5.0点

ボタニカラートリートメントの評価は2.0点
条件
  • 白髪100%と30%に使用
  • 濡れた状態の髪に使用
  • 市販のシャンプーで統一
  • 放置時間は20分に設定

染まり具合

    染料一覧
  • (+/-)塩基性茶17
  • 塩基性青99
  • 塩基性茶16
  • 塩基性黄57
  • 塩基性赤76
  • HC黄2
  • HC赤3
  • HC青2
  • 4‐ヒドロキシプロピルアミノ‐3‐ニトロフェノール
サンプル毛束による検証(100%)
白髪100%

白髪100%の状態

ボタニカラートリートメントの染まり100%の1回目

白髪100%|1回目

ボタニカラートリートメントの染まり100%の3回目

白髪100%|3回目

ボタニカラートリートメントの染まり100%の5回目

白髪100%|5回目

ご覧の通り、仕上がりはかなり薄いブラウンです。念のために言っておきますが、カラーはダークブラウンを使用しています。

しかし、ダークブラウンとは程遠い出来なので、誰かにおすすめしたい白髪染めではないですね。

まぁあえて言うのなら、内容量はたっぷりあるので、毎日じわじわと白髪をぼかしていきたいという使い道はギリギリありなのかもしれません。

hair運営者

1回目はほぼ変化を感じられないので、継続が必要!

みんなの口コミ
・染まった実感は遅く、徐々に徐々に、といったところです。
・数日後にわたって、ようやく白髪が目立たなくなりました。
・使いやすいけれど、あまり染まらなかった…。

引用:Amazon

上記は大手サイトにて掲載されていた一部の口コミですが、やはりじわじわと染まるケースが大半でした。

中には、「ダークブラウンに染まるだろう」という期待があったがために、全く染まらなかったと主張する人もいましたね。

サンプル毛束による検証(30%)
白髪30%

白髪30%の状態

ボタニカラートリートメントの染まり30%の1回目

白髪30%|1回目

ボタニカラートリートメントの染まり30%の3回目

白髪30%|3回目

ボタニカラートリートメントの染まり30%の5回目

白髪30%|5回目

白髪率が低い場合も同様に、染まりの実感はほぼできません。

いや、むしろ周囲が黒い分、白髪との対比で実感はさらに薄い気がしますね。

とにかくチラホラ浮いてきた白髪をなんとかしたいという方には、絶対におすすめしません。

ベストな放置時間は何分なの?

30分以上放置しても変化ナシ

本検証では20分間の放置時間に統一していますが、試しに30分放置しても変化は全く感じられませんでした。

ということで、仕上がりが薄いからといって1時間単位で長く放置しても意味がありません。

少しでも染まり良くするため、乾いた髪にたっぷり多めに付けるように心がけましょう。

またヘアキャップやラップなどをして温めることで、いくらかマシになるかと思います。

みんなの口コミ
・塗る前にシャンプーをすることで、本領発揮します。
・放置時間が必要なので、入浴時間を長めに取る必要ありです。

引用:Amazon

実際に使ってみた方の意見によると、いろいろな使い方の違いがありました。ただ一つ言えるのは放置時間は長めに取らないといけないということですね。

hair運営者

放置時間が少し面倒と感じる点ですね。

他のヘアカラートリートメントとの比較
ボタニカラートリートメントの染まり比較

こうして他のヘアカラートリートメントに比べると、どれだけ薄いのかが確認できます。

ボタニカラートリートメントをレビューする前までは、『くろめ』が最も薄い仕上がりでしたが、余裕で更新しましたね。

濃さに関しては現時点で1番薄い仕上がりになります。

色持ち具合

1週間の色落ちチェック
ボタニカラートリートメントの色持ちの0日目

仕上がりの状態

ボタニカラートリートメントの色持ちの3日目

3日目

ボタニカラートリートメントの色持ちの5日目

5日目

ボタニカラートリートメントの色持ちの7日目

7日目

そもそも仕上がった状態とは言えない出来ですが、一応色持ちのチェックもしておきます。

元が薄いため、よーく見ないと変化がわかりませんが、おおよそ5日が限界です。

色持ちはそこそこ良い性能をしています。

コスパの良さ

コスト:2,200円   内容量:300g


髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 30g 約1,364円
ミディアム 25g 約1,136円
ショート 20g 約910円
髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 40g 約1,819円
ミディアム 35g 約1,592円
ショート 30g 約1,364円
※ 上の表は髪全体に塗った際の参考データになります。

他のヘアカラートリートメントに比べると、やや安い価格帯になっています。しかも、内容量はたっぷり。

200g:月2,500円 1gあたり12.5円
300g:月1,592円 1gあたり5.3円

※ 月々の平均コストは約2,500円(ミディアム女性の場合)

さらに言うと、平均のコストに比べて、36%割安になります。

染まりが弱いだけあって、コストは安くなっているけれど…。かなり薄い仕上がりなので、コストに見合った性能とは言い難いですね。

hair運営者

パフォーマンスは全然ダメなので、コスパはイマイチ。

使い心地

塗りやすさ/匂い
ボタニカラートリートメントのテクスチャ

粘土性:柔らかい

匂いの強さ:174

テクスチャは非常に柔らかく、髪全体に浸透させやすい部類です。そのため、ヘアカラートリートメント初心者でも扱いやすいことでしょう。

hair運営者

染まりは弱いけれど、使いやすさは非常に良い!

一方で匂いは弱く、印象としては草っぽい香りがしそうですが、実際嗅いでみると、クリーンで固定石けんのようなテイストです。

気分が悪くなったりすることなく、匂いはシンプルに良い部類に入るかと思います。

扱いやすさ/汚れやすさ

容器はヘアカラートリートメントにしては珍しいポンプ式です。プッシュするだけなので、使い勝手はGOOD。

また詰め替えもしやすいので、手が汚れたりする心配も不要です。ちなみに別売りの内容量は500g(およそ1.5分)で、お値段は2,600円くらい。

一方で汚れに関しては、色の吸着が薄いなだけに、あまり汚れはしません。公式画像ではビニール手袋を装着していますが、素手でも問題なく使えます。

ただ爪の間は薄らですが、シミになるため気になる方は手袋をしましょう。(皿洗いをしたりするうちにキレイに落ちるレベルです。)

みんなの口コミ
・素材にもよりますが、枕元に薄らとシミが見られた。
・少しだけ爪が灰色になるが、石けんで洗えばキレイに落ちます。
・手や壁・床には着色は見られませんでした。

引用:Amazon

頭皮/毛髪のダメージ度

触診チェック

サラサラ

指通り

うるおい

ハリ/コシ
目視チェック
×
まとまり感

ふんわり感
×
ツヤ感
×
うねり感

ダメージに関しては、パサつきが見られました。それにより、髪全体にまとまり感がなく、ヘアカラートリートメントとは思えない仕上がりになります。(もちろん、個人差はあります。)

そして、感触は若干のサラサラ具合が確認できたものの、ツヤは生じません。

仕上がりはプラス要素がなく、マイナス要素のパサつきが出たのが、痛いところです。

みんなの口コミ
・しっとり感がないため、イマイチ。
・頭皮は弱くても、トラブルに見舞われることはありませんでした。
・トリートメント効果は薄いが、頭皮には優しい。←60歳女性

引用:Amazon

成分チェック(保湿/補修)

ボタニカラートリートメントのトリートメント成分


水、ミリスチルアルコール、イソペンチルジオール、ベヘニルアルコール、ヘンナ、ヒアルロン酸Na、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、イソステアリルアルコール、トリエチルヘキサノイン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、スクワラン、ホホバ種子油、オリーブ果実油、馬油、乳酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、ポリソルベート60、ステアラミドプロピルジメチルアミン、BG、乳酸、エチドロン酸、フェノキシエタノール、香料、(+/-)塩基性茶17、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性黄57、塩基性赤76、HC黄2、HC赤3、HC青2、4‐ヒドロキシプロピルアミノ‐3‐ニトロフェノール

メインはエモリエント成分や感触を改良してくれる成分で構成。

中盤になると、保湿剤や植物オイルなどエモリエント剤が多くなっており、頭皮や毛髪にやさしくしようとしている試みが感じられます。

そして、ボタニカラートリートメントの大きな特徴である染料剤ですが、「塩基性染料」を中心として構成されています。

塩基性染料とは、徐々に効果が発揮される特徴をもち、耐久性に長けた染料です。
それにより、キープ力が向上しているようですね。

トリートメント成分として、グリセリン・ヒアルロン酸・スクワラン・BGなどが配合されているものの、仕上がりのパサパサ感を見て、あまり期待はできません。

pH:4.5
ボタニカラートリートメントのpH

範囲:弱酸性

pH例: シャンプー

※ 髪の毛にとって4.5〜5.5が最も健康な状態(=髪の帯電体)

pHは4.5と、弱酸性の範囲になっております。

髪への影響は、シャンプーに近いレベルであり、ダメージの影響はないかと思いきや…、毛髪にパサつきのダメージが見られる結果となりました。

添加物の付与
シリコン
×
ジアミン
×
タール色素
×
紫外線吸収剤
×
鉱物油
×
酸化剤
×
防腐剤
エタノール
※ 「旧表示指定成分」以外の添加物も含まれています。

まず頭皮や毛髪にとって危険度の高いタール色素やジアミンなどは含まれていません。

毛髪はともかく、皮膚に対して悪影響を及ぼす可能性が高い成分は見当たりません。

ただ敏感肌や乾燥肌の方はパッチテストをしておくことをおすすめします。(多分不要だと思いますが念のために。)

スポンサーリンク

ボタニカラートリートメント厳選したデメリット

ボタニカラートリートメントのデメリット

まずはボタニカラートリートメントのデメリットを紹介します。

3つの難点/デメリット

とにかく染まりが薄い

コスパが悪い

仕上がりがパサパサ気味

その①:とにかく染まりが薄い

ボタニカラートリートメントの染まり過程

5回くり返し使っても、上の画像くらいにしか染まりません。ダークブラウン仕様にも関わらず、この薄さはさすがに致命的かと思います。

数十種類の白髪染めをレビューしてきましたが、ボタニカラートリートメントよりも染まる商品はいくらでもあるので、おすすめはしません。

白髪率が低い方(チラホラ浮いた白髪の状態)には特にほとんど効果がないため、やめておきましょう。

hair運営者

今回は特例で20分のところを30分に放置時間を伸ばしましたが、結果は変わらず終い。

その②:コスパが悪い

ボタニカラートリートメントのコスパ

うーん、そもそも白髪染めとしてちゃんと機能していないので、パフォーマンスはマイナスです。

確かに他のヘアカラートリートメントに比べて、一回りくらい安くなっていますが、コストに見合っていません。

個人的に「イマイチ染まらないけど、安いもの」よりも、「確実に染まるが高いもの」の方を選びます。

その③:仕上がりがパサパサ気味

仕上がりはとにかくパサつきが目立ち、まとまりが感じられません。

ヘアカラートリートメントですが、トリートメントとしての効果は期待ほぼゼロです。

染まらない上に、髪の仕上がりもイマイチなので、いろいろと問題アリな商品だと思いました。

ボタニカラートリートメント厳選したメリット

ボタニカラートリートメントのメリット

次にボタニカラートリートメントのメリットについて見ていきましょう。

2つの魅力/メリット

色持ちはやや良い

使い心地は悪くない

その①:色持ちはやや良い

ボタニカラートリートメントは、塩基性染料だけあってキープ力はまずまずです。

しかし、まずまずなだけで決して優秀な部類ではありません。

ヘアカラートリートメントの中には、1週間以上ダークブラウン状態を維持できるものもありますしね。

hair運営者

全ヘアカラートリートメントの中で、中の上の位置付け。

1週間以上キープができるヘアカラートリートメント

ラボモ ヘアカラートリートメント

関連記事

ラボモ ヘアカラートリートメントの口コミを徹底解説【濃さ特化】

アートネイチャーシリーズのラボモ ヘアカラートリートメントを検証レビューしております。詳しいポテンシャルを解説し、どんな人におすすめなのか、また口コミは如何なる意見が飛び交っているのかについてまとめています。

チェックする

その②:使い心地は悪くない

白髪染めとしての機能はイマイチですが、匂いは固定石けんのような香り。またテクスチャも塗りやすいタイプになっています。

白髪率が高くて、じわじわと時間をかけて白髪をぼかしたいのなら、ギリギリ使えるかもしれません。(ただしおすすめはしない)

スポンサーリンク

ボタニカラートリートメントまとめ

ボタニカラートリートメントのまとめ

おさらい:総合評価 2.0/5.0点

染まり具合
ダークブラウン とは程遠い、全然染まらない部類
色持ち具合
染まりは置いておいて、色持ちはそこそこ良い
コスパの良さ
価格だけ見れば安い方だけど、パフォーマンスに見合っていない
使い心地
香りはほんのりな石けんのテイスト/シャンプーのように使えられて汚れの心配は基本的に不要
低刺激
仕上がりにパサつきアリ、さらにまとまり感もナシ
おすすめ度
ボタニカラーよりも染まる白髪染めはいくらでもあるので、おすすめはしない

まとめ:肝心な染まりがダメなので致命的

以上、ボタニカラートリートメントの検証レビューでした。

ざっくりボタ二カラーの特徴をまとめると、下記のようになります。

ボタニカラーはこんな白髪染め!
  • 白髪を軽くぼかせる程度
  • 白髪率が低い方にはNG
  • パサつきアリ/まとまりナシ
  • 使い心地は申し分ない

ヘアカラートリートメントの中で、かなりの問題児になります。

ちょっとした白髪のキラキラ感を抑えられる程度で、白髪染めとしても、トリートメントとしても使えるレベルではないです。正直、誰かにおすすめしたい気にはなりません。

多少臭くても、高くても、ちゃんと染まれば妥協できると思います。ただし、染まらないのは論外です。

\ この記事をシェアする /

-カラートリートメント 

Copyright© 白髪染めreview , 2021 All Rights Reserved.