カラートリートメント

50の恵 カラートリートメントの口コミ・評価を解説|市販品の上位クラス

2020年11月11日

50の恵 カラートリートメントの口コミ・評価を解説|市販品の上位クラス

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントってどんな商品なの?『染まりと色持ちは優れている?、実際に使ってみた感想や口コミを理解して、自分に合うヘアカラートリートメントかどうかを知りたい。』

こういった疑問にお答えします。

本記事の著者

5つの観点から徹底検証
10代から白髪染めライフ
50の恵はすでに検証済み

今回は50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントに関する検証レビューです。

この製品は一時期テレビCMにも出演されたので、見たこと聞いたことのある方もいるのではないのでしょうか。

本記事の内容

前半

50の恵のプロフィール紹介

検証レビューの結果まとめ

後半

メリットとデメリット

みんなの口コミ・評判について

結論から言うと、総合評価は3.0/5.0点です。染毛力を重視したヘアカラートリートメントで、他の観点は少々お粗末な印象を受けました。

それでは、さっそく本題に入っていきます!

スポンサーリンク

50の恵 ヘアカラートリートメントの概要

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント1 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント1
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント2 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント2
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント3 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント3
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント4 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント4
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント5 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント5
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント6 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント6
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント7 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント7
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント8 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント8
メーカー名 ロート製薬
原産国 日本製
対象者 男女兼用
コスト 1,300円(筆者調べ)
カラー種類 ライトブラウン
ダークブラウン
ナチュラルブラック
ブラック
内容量 150g
pH 7.3
補足説明:付属品の紹介

50の恵の付属品として、「ビニール手袋」が同封されます。

しかし、手にフィットする手袋ではなく、ぶかぶかタイプなので、手首あたりに輪ゴムなどで止めないと使用中に抜けてしまう使いにくい品質です。

Amazonのレビュー評価【2020.11時点】
星5
38%
星4
31%
星3
17%
星2
7%
星1
8%

カスタマーレビュー: 414件
平均は3.8/5.0です。

Amazonでは5.0点満点中3.8点と、中の上くらいの評価がなされています。

一方で楽天市場ではたった18件の口コミしかなかったので、ほとんどの購入ルートは『Amazon』からのようです。

50の恵 カラートリートメントの評価:3.0点

50の恵 カラートリートメントの評価は3.0点
条件
  • 白髪100%と30%に使用
  • 濡れた状態の髪に使用
  • 市販のシャンプーで統一
  • 放置時間は20分に設定

染まり具合

    染料一覧
  • (+/-)HC青2
  • 塩基性茶16
  • 塩基性青99
  • HC黄2
  • HC黄4
サンプル毛束による検証(100%)
白髪100%

白髪100%の状態

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの染まり100%の1回目

白髪100%|1回目

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの染まり100%の3回目

白髪100%|3回目

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの染まり100%の5回目

白髪100%|5回目

白髪が多い場合、3回にしてキレイに仕上がります。公式では「トリートメントなのに1回できれいに染まる。」と述べていますが、一発できれいなダークブラウンにはなりません。

1回目はナチュラルなブラウンになり、3回目にしてダークブラウンになるポテンシャルと認識しましょう。

一発で染まらないけれど、他の製品に比べると、染まるスピードはそこそこ早い上に、濃く染まるので、市販品のヘアカラートリートメントにしてはなかなかの染毛効果です。

サンプル毛束による検証(30%)
白髪30%

白髪30%の状態

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの染まり30%の1回目

白髪30%|1回目

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの染まり30%の3回目

白髪30%|3回目

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの染まり30%の5回目

白髪30%|5回目

白髪30%の場合、1回使ったくらいでは濃くなるものの、まだ白髪がチラホラ浮いた状態です。

3回目で黒髪がダークブラウンになり、5回目くらいでほぼ白髪が目立たなくなります。とはいえ近くで見ると、まだ濃くないブラウン毛が目立ちます。

濃い毛と薄い毛が混在した仕上がりになるので、気になる方はもう少し継続が必要です。

hair運営者

白髪の割合が多い方におすすめですね。

ベストな放置時間は何分なの?

公式では5〜10分の放置時間を推奨していますが…。

それは乾いた髪の状態に限った話です。濡れた髪だとイマイチ定着しないので、15〜20分をおすすめします。

ダークブラウンヘアとの比較
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントとダークブラウンヘアとの比較

1回目の毛束に比べて、ダークブラウンより明るい色味なのがわかります。

特に黒髪の割合が多い場合は、白髪とのコントラストで、まだ目立った状態なので、継続が必要!

色持ち具合

1週間の色落ちチェック
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの染まり100%の5回目

仕上がりの状態

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの色持ちの3日目

3日目

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの色持ちの5日目

5日目

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントの色持ちの7日目

7日目

色持ちは5〜6日の経過でダークブラウンからナチュラルブラウンに退色します。

他のヘアカラートリートメントに比べると、やや良いキープ力ではないかと思います。

hair運営者

まあ仕上がる色味が濃い分、長持ちするというわけです。

「週1回で、いつもきれいが続く」と記載されていますが、週に1回はさすがに足りない気がします。週に2回の頻度がベストとはないかと思います。

コスパの良さ

費用/内容量

髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 30g 約1,820円
ミディアム 25g 約1,517円
ショート 20g 約1,213円
髪の長さ 1回あたりの塗布量 月々にかかるコスト
ロング 40g 約2,426円
ミディアム 35g 約2,116円
ショート 30g 約1,820円

ロングヘア(女性)の場合、月スパンだと1本では足りません。

コスト自体は他のヘアカラートリートメントよりも比較的に低予算で入手できますが、コスパ視点ではあまり良くありません。

※月々の平均コストは2,500円ほどです。(ミディアム女性の場合)

50の恵は内容量が150gしかないので、1gあたりの単価はやや高くなります。

200g:月2500円 1gあたり12.5円
150g:月2116円 1gあたり14.1円

150gの場合、200gのおよそ1.8割増かかってしまうので、コスパはやや悪いですね。

使い心地

塗りやすさ/匂い
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントのテクスチャー

粘土性:柔らかい

匂いの強さ:243

セテアリルアルコールの配合によりテクスチャは柔らかくなっています。

つまり伸びが良いので、少量でも広範囲に塗ることが可能です。濡れた髪だとポタポタ垂れてしまう恐れがあるため、タオルドライをしてから使用しましょう。

一方で匂いはそこそこ強く、香りは芳香剤のようなテイストです。個人的に嫌いではないが好きでもない香りをしています。

口コミによれば「臭い!」・「香りが苦手」などの意見もあったため、匂いに関しては"賛否両論"です。

まあクセはやや強めのため、苦手意識をもつ方も少なくありません。使用後には、髪や肌に香りが残るため、抵抗のある方はおすすめしません。

扱いやすさ/汚れやすさ

容器はカラーによって異なります。ダークブラウンはオレンジ色、ブラックはピンク色、ブラウンは薄いオレンジ色、ナチュラルブラックは薄いピンク色のデザインをしています。

ボトル自体はシンプルで、液漏れもなく使い勝手はグッド!

一方で汚れに関しては、爪と肌につくと中々落ちなくなるため、手袋の着用をおすすめします。

まあ染まりが良い分、肌や爪につくのは仕方のないことですが、ビニール手袋が嫌なら、手を濡らしてから使用すればいくらかマシになります。

イチバン問題なのが、すすぐ時の色水です。シャンプーをしっかりしたとしても、色水が出なくなるまでに時間がかかってしまいます。

そのため、枕元やシャツの襟に色移りする可能性があるので、汗っかきの人には不向きです。

hair運営者

色移りしやすいヘアトリなので、ご注意を。

頭皮/毛髪のダメージ度

触診チェック 目視チェック
一本つまみ診断 ケアの必要性

手触りは使う前よりも良くなっていますが、サラサラな仕上がりには届きません。艶やかではなく髪をふんわりさせるタイプです。

目視ではツヤは見られず、トリートメント効果は控えめと感じました。

ただ毛髪にダメージは見られないので、「染まればOK」というのなら特に問題はありません。

ケア成分(保湿/補修)
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントのケア成分

水、セテアリルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアルトリモニウムクロリド、水添ナタネ油アルコール、ヒジキエキス、ガゴメエキス、ワカメエキス、カギイバラノリエキス、ゼニアオイ花エキス、ブクリョウタケエキス、アラリアエスクレンタエキス、イソプロパノール、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸グリコール、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、オレイン酸コレステリル、トコフェロール、オレイン酸オレイル、クロルヒドロキシAl、炭酸水素アンモニウム、ポリクオタニウム-7、香料、カフェイン、海塩、クオタニウム-33、BG、γ-ドコサラクトン、セバシン酸ジエチル、エタノール、フェノキシエタノール、(トリカプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(+/-)HC青2、塩基性青99、塩基性茶16、HC黄2、HC黄4

まずベース成分を確認すると、安全性の高いセテアリルアルコールが配合されています。これによりとろみのある粘土性を実現しているようです。

ツヤやダメージ補修の役割をもつ海藻エキスなども含まれていますが、検証ではあまり実感はできませんでした。

ただまとまり感はあったので、カチオン界面活性剤としての効果は活きています。髪を落ち着かせたい・髪がなかなかまとまらない方との相性がいいです。

またエモリエント(保湿剤の一種)には天然成分が含まれており、頭皮へのダメージによる影響は低い構成になっています。現に検証ではノーダメージという結果でした。

pH:7.3
50の恵 頭皮いたわりカラートリートメントのpH

範囲:中性

pH例:純水レベル

※ 髪の毛にとって4.5〜5.5の範囲が最も健康な状態(=髪の帯電体)

pHは中性の領域です。髪の帯電体に比べると高い数値だが、染まりやすい上に傷めにくい範囲になります。

数値自体は水道水と大して変わらない影響度であり、検証でも目立ったダメージは見られませんでした。

化学成分の付与
シリコン
×
ジアミン
×
タール色素
×
紫外線吸収剤
×
鉱物油
×
酸化剤
×
防腐剤
エタノール

髪に悪影響が生じやすい『ジアミン』や『酸化剤』は含まれていません。

防腐剤は危険度の高いパラベンの代わりとして、『フェノキシエタノール』が配合されています。決して安全な成分ではないが、ヘアカラートリートメントには必要不可欠な防腐剤のため、仕方ありません。

またイソプロパノールというエタノールよりも2倍の毒性を有している成分もあり、一部の人には痒みなどの症状が生じる可能性があります。

しかし、検証では皮膚への刺激反応はなく、特にこれといった問題はありませんでした。

ただ念のために『敏感肌』や『乾燥肌』の方は、あらかじめパッチテストをするようにしましょう。詳しいやり方は説明書に記載されています。

スポンサーリンク

50の恵 カラートリートメントのデメリット

50の恵 カラートリートメントのデメリット
2つの難点/デメリット

匂いは賛否両論なテイスト

コスパはやや悪い△

その①:匂いは賛否両論なテイスト

匂いはそこそこ強い芳香剤の香りがします。こだわりがない人、もしくは「芳香剤」のような甘いテイストの香りが苦手でなければ、問題はありません。

ただみんなの口コミを見る限り、苦手と主張する人の割の方が圧倒でした。

使用後の髪にほんのりと香りが残るので、苦手な方はおすすめしません。

その②:コスパはやや悪い△

ヘアカラートリートメントの平均コストとの月々にかかるコストを比較すると…。

平均コスト:2,500円  50の恵:2,116円

パッと見では、「50の恵」の方が安価でお得に見えますが、内容量は150gしかないんですよね。(大半のヘアトリは200gです。)

平均コスト:200g 1gあたり12.5円
50の恵:150g 1gあたり14.1円
【およそ1.8割増】

計算すると、上記のように1gあたりの単価が高くなるので、コスパ的に見ると少し悪い方に傾きます。

50の恵 カラートリートメントのメリット

50の恵 カラートリートメントのメリット
2つの魅力/メリット

染まりと色持ちの良さは上位クラス

ふわっとさせてまとまる仕上がり

その①:染まりと色持ちの良さは上位クラス

仕上がり|3回  色持ち|5〜6日

「50の恵」の良さといえば、市販品とは思えない染毛効果を誇る点です。

公式では週に1回でOKと記載されていますが、それはダークブラウンに仕上がってからのお話です。

白髪の状態から一発で染まるという訳ではありませんので、ご注意を。

それでも3回で染まって、ほぼ1週間キープできるので、決して悪くはありません。

ほぼ一発で染まる「マイナチュレ」をチェック!

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

関連記事

マイナチュレ【白髪染め】の口コミ・評判を検証解説【初回:神コスパ】

マイナチュレ ヘアカラートリートメントを染まり・色持ちやダメージを含めた5つの観点から検証レビューをしております。本記事ではメリットのみならず、デメリットについて解説をしておすすめしたい人を3つに厳選して白髪染め選びの参考になれば幸いです。

チェックする

その②:ふわっとさせてまとまる仕上がり

サラサラな仕上がりというより、髪をふわっとさせるタイプです。

手触りは抜群に良いとは言い難いが、使わないよりかはマシくらいのポテンシャルだと思ってください。

サラサラを望む方には向いていませんが、ペタンコ髪やまとまらない方との相性がいいので、ボリュームを出したければおすすめです。

スポンサーリンク

50の恵 ヘアカラートリートメントのまとめ

50の恵 カラートリートメントのまとめ

おさらい:総合評価3.0/5.0点

染まり具合
3回でダークブラウンに仕上がる
色持ち具合
ほぼ1週間キープできる色持ち性能をもつ
コスパの良さ
一見コストが安いが、コスパ的に見ると少し悪い
使い心地
芳香剤のような香りで、良い/悪いに別れるテイスト
低刺激
サラサラヘアにはならず、髪をまとまらせる仕上がりになる程度
おすすめ度
染毛効果に特化した市販品のヘアカラートリートメントです!

まとめ

以上、「50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント」のレビューでした。

市販品にしてはよく染まるので、白髪が染まればいいという方に限りおすすめです。

ただ色移りする可能性があるので、汗をよくかく人には向いていません。

最寄りのドラックストアなどに売られている商品なので、ヘアカラートリートメントを気軽に試してみたいくらいの気持ちならいいのかもしれません。

\ この記事をシェアする /

-カラートリートメント 

Copyright© 白髪染めreview , 2021 All Rights Reserved.